DJI RONIN-MXを導入

RONIN-MX

今回の機材購入で最後まで迷ったのが、スタビライザーを導入するか、スタビライザー内臓のカメラを導入するかの判断でした。具体的には、DJIのDJI RONIN-MXかDJIのOSMO PROのどちらを導入するか悩んでいたわけですが、結果的にRONIN-MXを選択しました。理由は汎用性です。正直FHDの世界であれば、OSMO PROで十分です。いや、4KでもOSMOで十分かもしれません。OSMOはコンパクトなので、使い勝手も良いですし、利用範囲も広がります。特に、人混みの中では最高だと思います。しかし、RONIN-MXであれば、現在所有するカメラ、今後所有するカメラで使える利点があります。また、大きくて重いが故に、安定感があることも確かです。その様な理由で、RONIN-MXを選択しました。正直、保管や持ち運びは最悪ですが、それで撮影した映像には満足しています。尚、サンプル映像は、CANONのC-Logで撮影して、グレーディングしていますが、ターゲットが真っ白なうえに急いで制作したので、露出が低めでコントラストがかなり高めになっています。その辺はご了承下さい。

関連記事

  1. 豊川市観光ソング『Oh!Yeaaaaah!!TOYOKAWA…

  2. HDR編集事例(HDRとSDRの違い)

  3. 編集環境一新

  4. 制作に参加した映像が公開されています

  5. デイサービスセンター王寿園のPVを制作させていただきました

  6. 田んぼ電気プロジェクト

    田んぼ電気プロジェクトの事業紹介動画を制作いたしました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。